岩田美紀のブログ

音楽プロデューサー岩田美紀の日記
<< 東京から | main | tumblr >>
夏フェス
夏フェスといえは、ロケンロールではありますが、
こちらの世界では音楽祭、室内系です。
徹夜もしませんし、泥んこにもなりません。

私の音楽祭は無事に終わり、今年もいい演奏を聴きました。
出演者の皆さんには心から感謝、
そして支えて下さるスポンサー、大分から毎年来てくれる別府アルゲリッチ音楽祭のボランティアチームにも、深く深く御礼申し上げます。

ひとりでは出来ません。
あうんの呼吸で指示もなく動いてくれる皆さん、私を信頼して中身を任せて下さる方々、ほんとにありがとうございます。

来年もやります。
2年間、同じ規模を同じペースでやってみました。
来年は少しだけ、変えようかな、と思うところもありました。

さて、私の音楽祭は、とても夏フェスとは言えないほどの小さい規模ですが、

やはり夏フェスの代表格といえば、サイトウ・キネン・フェスティバルでしょうか。

いつからか、毎年お邪魔するようになり、今年もいってます。
オペラのGPを見せて頂き、
こどもと魔法、スペインの時間、それぞれ短い作品だけどどれもこれも粒の揃ったステージ、堪能しました。

兵士の物語、これはもう芝居メインでしたが、もちろん演奏も素晴らしく、これもまた全てが一体化している、何の不自然さもないステージ、

ふれあいコンサートは、巨匠たちによる室内楽、ああ、これぞ室内楽、というものを、一秒たりとも聞き逃せない演奏でとにかく引き込まれてしまったものでした。

9/4は大野和士さんによるオーケストラコンサートを聴きに行きます。

いい演奏で聴けるシアワセ、かみしめています。


やっぱりね、あるんです。
聴いて良かった演奏と、出来れば聴きたくなかったかも…と思ってしまう演奏と、ね。

アベレージはあらかた予想出来て、もしかして体調悪いんかな?というものではなく、ちょっとこれはどうなのか?と、いうものもね。

最近つくづく思うのは、もう時間の無駄はしたくない、ってこと。
限られた残りの人生、自分の審美眼磨いてこそ楽しめるってもんだよね、きっと。

9/3は、慶應大学の講座の一貫で行われる会議で、地域と音楽についてお話させて頂きます。

夏の軽井沢で幼稚園の先生を前にお話させて頂いたことも、考えが整理出来るいい機会でした。

こんな、ノーテンキな私のお話を聞いて下さる方がいることに、また感謝しとります。これでも、話す時は真剣にやってんのよ。
| 岩田美紀のつぶやき | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.iwatamiki.net/trackback/870931

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ